自営業者でも借りれるキャッシングとは

Pocket

自営業でもカードローンなどを利用してキャッシングをすることは可能です。しかし、「審査」ということを考えれば、一般の会社員(正社員)よりも条件は厳しいものになります。それは、金融会社の審査では「属性」というものがあり、「自営業者」というものはある意味、派遣社員やアルバイターと同程度の評価になります。これはキャッシングの利用条件として「安定した収入のある方」というのが条件ですが、自営業者は多くの会社員よりも安定した収入がないとみなされるわけです。

ですので、逆に言えば、安定した収入を証明できる書類などがあれば、審査のうえで不安要素は無いわけです。多くのクレジットカードやカードローンに申し込むことができます。また、そういった個人向け融資の商品よりも「法人向け」のキャッシング・ローンというのも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。法人向けローンのメリットは、なんといっても「総量規制」の有無です。総量規制とは貸金業者は個人にたいして年収の三分の一までしか融資できないという制度のことですが、個人事業主や企業での「事業性の利用」であれば、この規制は対象外になるからです。

また、法人向けローンも個人向けのキャッシングと同様に「使途自由」にキャッシングできるので、事業とは直接関係なさそうなことにも利用できるので、大きなデメリットはありません。個人向けローンとは若干金利などに差異がある場合もあるので、詳細までじっくり確認すれば、メリットだらけのローンになります。